flash

福寿の里とは、、、

福寿の里自然倶楽部は、
『自然体験活動を通じて学びと遊びを提供する』
テーマに平成23年度に設立いたしました。

 

ここ上矢作町には自然むき出しの原生林や深き山中に眠る巨樹巨木、
矢作川上流部としての清流上村川、そして中山間地で営まれてきた
独自の農文化といった独自の『山、川、農』の自然文化資源があります。

上矢作町に訪れる子ども達や旅行者にここを旅し、五感を使い学び、
親しんでもらうことを基本コンセプトとして活動していきます。

 

 

fl

 

福寿の里について

上矢作町はかつて林業のまちとして栄え、清流上村川などに代表される
水資源に恵まれた自然豊かな地域です。

しかし今日とりわけ高齢化、人口減少が顕著で町全体に活気がなくなり
つつあります。


そして今後過疎化はますます進んでいくことが予想されます。

一口に過疎化と言ってもそこには「3つの空洞化」があると言われています。

第一は若者などが都市部へ流出し人口が減る「人の空洞化」

第二は耕作放棄地、管理放棄された林地が増える「土地の空洞化」

主に中山間地域に多く見られます。第三に「ムラの空洞化」

高齢化により集落機能が低下した状態を一般に「限界集落」といいます。

しかし共通してこれらの問題の根底にあるのは住民自身が我がムラに対して
自信を失ってしまった「誇りの空洞化」ではないかと考えております。

現在の上矢作町はこのすべてにあてはまると思われます。

 

しかしここは優美な自然の宝庫。

見つめ直せばエリア随一の清流上村川、深い山林、手付かずの原生林、
まろやかな天然水、壮大な渓谷美、古きよき文化・歴史的財産、風力発電、
そしてコテージ群。

 

上矢作じゅうに魅力的な宝ものがあふれています。

 

ここ数年、地元の者が地域に点在する観光名所の開発や整備、
保存に尽くしてきましたが、それらを十分に生かしたプログラムの展開には
至っていないのが現状でした。世の中が自然への回帰に向かう今こそ、

再びこれらの素材にスポットが当てられるべきではないかと考え、
独創的かつ集中的に事業を行うことにいたしました。

 

 

3っつのわ

 

fl

 

わたしたちは「3っつのわ」を大切に考えています。

 

1つは「 1.自然のわ 2.人のわ 3.上矢作のわ 」

2つに「 1.山のわ 2.川のわ 3.農のわ 」

3つに「 1.風のわ 2.水のわ 3.土/太陽/光のわ 」

 

この3っつのわの“調和”を大切にしたいと考えシンボルとして掲げ、

活動をしていきます。